小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会が発足しました!

50年も前に計画された小平都市計画道路3・2・8 号線※が、府中街道に並行して作られようとしています。4車線、幅が36mで府中街道の3倍以上の大きな道路です。

玉川上水遊歩道が大きく分断され、虫とりや散策、プレーパークで親しまれている小平中央公園の雑木林は半分に削られ、町並みは一変します。伐採される木は481本。建設費用約250億円。約220世帯が立ち退きとなります。

多くの市民が、この計画に市民の意見を反映してほしいと訴えてきましたが、小平市は都の事業であることを理由に、市民からの要望に応えていません。

市民のみなさんにこの計画のことを伝えたい。まちづくりに市民の声を反映してほしい。計画の見直しの必要性を問う住民投票を実現するため、小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会が発足しました。小平市民3,000人の署名が必要です。お力をお貸しください。

共同代表:庄司徳治、馬場悦子、水口和恵、渡邊進

現段階での会員団体は以下のとおりです。

会員団体:小平・環境の会、小平市玉川上水を守る会、小平市民まちづくりの会、鷹の台2号団地自治会、玉川上水ウォッチングクラブ、ちむくい、東京都薬用植物園を守る会、都道小平338号線計画を考える会、どんぐりの会、花いっぱいの会、みどりのつながり市民会議、NPO法人こだいら自由遊びの会他(2012.10.14現在)

 
※小平都市計画道路3・2・8 号線
現在の名称はまだ小平都市計画道路3・3・8 号線ですが、道路の幅が広く変更されるのに伴って、小平都市計画道路3・2・8 号線に変更予定とされています。
広告