2011年市議選公開アンケートより

7500筆を超える署名が集まり、小平市内の有権者の20分の1が住民投票を求める署名をしてくださったことになります。この住民投票を求めるうごきは、小平市の西部だけの問題ではなくなりました。小平市の3月市議会で、住民投票条例が成立することを願っています。

2011年の小平市議会議員選挙に際して、都道338号線計画を考える会が、立候補予定者に対して行った公開アンケートの中に、都道3・3・8号線(現3・2・8号線)の計画の是非を問う住民投票の実施について聞いた質問がありました。

2年前の回答となりますが、ご参考までに、都道338号線計画を考える会の了解を得て、現在の市議会議員の方の回答に絞り、所属会派の情報を加えて公開いたします。
こちらからダウンロードしていただけます。

身近な市議会議員の方がいらっしゃいましたら、今はどのようなお考えをお持ちか、ぜひお聞きになってみてください。住民投票の実現にご協力いただきたいとお伝えいただけると幸いです。

20120424市議選アンケート(市議会議員のみ)120120424市議選アンケート(市議会議員のみ)2

広告