2月22日夜は「どんぐりと民主主義 PART2」へ!

12月のシンポジウムに続き、2月22日(金)夜に『どんぐりと民主主義 PART2—小平で住民投票!』を開催することになりました。

今回は、中沢新一さんと國分功一郎さんのお二人に加え、宮台真司さんがご出演くださいます。

また、基調報告では、これまでの小平市での動きをご報告するとともに、東京都で初めて常設型住民投票条例をつくった小金井市の事例を報告していただくことになりました。

前回のように、熱気あるシンポジウムにしたいと思います。みなさん、どうぞご参加ください!國分巧一郎+講演会チラシ

どんぐりと民主主義PART2チラシ(クリックするとダウンロードできます)

どんぐりと民主主義 PART2—小平で住民投票!

日時:2013年2月22日(金)
会場:小平市福祉会館ホール
(小平市学園東町1-19-13 西武多摩湖線「一橋学園」駅北口下車 徒歩5分)

〈プログラム〉
6:00 開場
6:30 小平市での住民投票を求める動き(水口和恵)
6:45 小金井市の常設型住民投票条例(陣内直行)
7:00 中沢新一×宮台真司×國分功一郎鼎談
8:30 休憩
8:35 質疑応答

〈出演者プロフィール〉
中沢 新一(なかざわ しんいち)
1950年 山梨県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。明治大学野生の科学研究所所長。グリーンアクティブ代表。著書に『緑の資本論』『日本の大転換』『野生の科学』『大阪アースダイバー』など多数。

宮台真司(みやだい しんじ)
1959年 宮城県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。社会学博士。社会学者/映画評論家/首都大学東京教授。著書に『日本の難点』『14歳からの社会学』『〈世界〉はそもそもデタラメである』など多数。

國分 功一郎(こくぶん こういちろう)
1974年 千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。高崎経済大学経済学部准教授。著書に『スピノザの方法』『暇と退屈の倫理学』。

陣内 直行(じんのうち なおゆき)
小金井において、市民自治が息づく市政やまちづくりの実現に向けて活動。市民参加条例、住民投票条例制定にもかかわる。映像プロデューサー。現在、狭山事件・石川一雄さんのドキュメンタリー映画を製作中。

資料代:300円 予約不要
保育:要申し込み。先着順。300円。
問い合わせ先:jumintohyo@gmail.com 090-8341-9170(水口)

主催:小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会
   どんぐりの会
共催:グリーンアクティブ

広告