『ぼくらも考えた 林とまちのこれから』展と、林で遊ぶ子どもたち

昨日から5月26日(日)まで、小平市中央公民館プロムナードで『ぼくらも考えた 林とまちのこれから』展が開催されます。(共催:どんぐりの会、NPO法人こだいら自由遊びの会 協力:子ども∞幸せ円卓会議 in こだいら ※プロムナードというのは、南側の廊下の壁のことです)。

小平中央公園の林で遊ぶ子どもたちが、この林をどんなふうに思っているか、文章や絵で表現しました。都市計画道路3・2・8号線の予定地となっている林です。

選挙権がなくても子どもだって市民です。みんなが真剣に考えています。そんな子どもたちの気持ちの表れた絵です。一つ一つじっくり鑑賞してください。

5/3に、プレーパークが開かれた林の動画をアップします。子どもも大人ものびのびとすごすこの場所の空気が伝わるでしょうか。計画通り道路ができると、この林が半分になってしまいます。雑木林と玉川上水で、合計481本の木が切られます。

http://youtu.be/J-fBp8xBBAI

広告