小平市住民投票一周年ーまちづくりは市民参加で

20140621symposium_poster

小平住民投票一周年ーまちづくりは市民参加で

小平市住民投票一周年を記念して、シンポジウムを開催します。市内の方も市外の方もぜひいらしてください。

第一部では、先日結審した小平住民投票情報公開訴訟について、投票用紙を開示する意義とはなにか、お話いただきます。中島弁護士の「住民投票制度の形骸化=住民自治の弱体化を許さないためのたたかい」という言葉が印象に残っています。

第二部は「住民投票で何がどう変わったか」國分功一郎さんをコーディネーターに、地元で運動に関わったメンバーの他、市民であり地方自治職員向け雑誌編集長である友岡一郎さん、東京新聞記者の北爪三記さんにお話いただきます。

_______________________________________________

日時:2014年6月21日(土)
シンポジウム:14:00~17:25(開場:13:30) 懇親会:17:45~19:30

会場:小平市福祉会館 第一集会室
参加費: シンポジウムのみ 300円 懇親会のみ 700円(学生:500円) シンポジウム+懇親会 1,000円(学生:800円)

シンポジウム
第1部:「住民投票の投票用紙開示の意義」14:00~15:20
パネリスト:中島敏(弁護士)、三宅弘(弁護士)
コーディネーター:武田真一郎(成蹊大学法科大学院教授)

第2部:「住民投票で何がどう変わったか」15:30~17:25
パネリスト:
神尾直志(小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 世話人)
北爪三記(東京新聞記者)
友岡一郎(公職研・月刊『地方自治職員研修』編集長、小平市自治基本条例市民の集い メンバー)
永添景子(どんぐりの会)
コーディネーター:國分功一郎(高崎経済大学経済学部准教授)

懇親会:17:45~19:30

シンポジウム(14:00 ~ 17:25)は保育有り。保育申込(20日までに):電話・FAX042-207-1236(高橋) 保育料500円

主催:小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 jumintohyo@gmail.com 090-8341-9170

広告