1月25日(日)「小平から知る権利を問う Ⅱ」開催します!

小平から知る権利を問う Ⅱ 〜小平の住民投票の公開を求める裁判をめぐって~

小平市で2013年5月に行われた住民投票で、投票された51,010人分の投票用紙は、日の目を見ることなく眠っています。投票用紙の公開を求めた裁判では、2014年9月に東京地裁で「非公開は妥当」との判決が出され、東京高等裁判所へ控訴しました。 この裁判の意味と、市民により広く情報を公開する重要性について、担当弁護士である尾渡雄一朗氏と、情報公開制度の普及・改善に長く取り組んでこられた三木由希子氏(NPO法人情報公開クリアリングハウス)にお話いただきます。 小平から知る権利を問うⅡ チラシをダウンロード(*左の文字をクリックするとダウンロードできます) 日時:2015年1月25日(日)13:30~16:00(開場13:15) 場所:小平市中央公民館 学習室4 第一部 13:35~14:25「住民投票結果の公開を求める裁判~知る権利に触れなかった一審判決」(講師:尾渡雄一朗氏) 第二部 14:35~16:00「市民にとっての知る権利の重要性と、小平の住民投票裁判の意味」(講師: 三木由希子氏) 講師プロフィール 尾渡雄一朗:弁護士。原後綜合法律事務所所属。小平市住民投票情報公開裁判の担当弁護士の一人。 三木由希子:NPO法人情報公開クリアリングハウス理事長。情報公開について調査研究・政策提案・意見表明などを行っている。特定秘密保護法に関しても活動。

資料代:300円(申し込み不要) 問合せ先:090-8341-9170(水口)
主催:小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会
広告