1月15日に小平中央公園横の雑木林を東京都が買い取り、道路予定地に柵を設置予定

1月16日(金)に小平市建設部長より小平市議あてに届いたお知らせによると、小平中央公園東側の樹林地の所有者だった(財)大日本蚕糸会が、1月15日付で東京都に同樹林地を売却し、小平市は(財)大日本蚕糸会と締結していた樹林地の貸借契約を解除したそうです。

このことに伴い、小平中央公園横の樹林地内には、「道路事業用地です。事業用地管理のため2月から柵を設置します。東京都北多摩北部建設事務所 用地課 042-540-9532」と書かれた看板が数か所に設置されました。

小平市によると、添付の図の赤線で囲んだ道路予定地の部分の周囲に、単管パイプの柵を設置するようです。

樹林地の北側に隣接する自治会の方が北多摩北部建設事務所から聞いたところによると、柵の設置は、道路確定や樹木、地質調査などを行うためだそうです。

近日中に市や都に、状況や今後の予定を確認した後、どう対応すべきかについて検討します。

小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会
反映させる会林柵部分

林柵設置看板

反映させる会雑木林売却について市通知

広告