5/23、学習会「景観を大切にするドイツのまちづくりと住民参加」を開催します。

学習会「景観を大切にするドイツのまちづくりと住民参加」

日本のまちづくりにおいて、自然環境を含む景観は、大切にされていると言えるでしょうか? また、住民の意向はどれだけ反映されているでしょうか?

日本の都市計画制度が規範としたドイツでは、住民参加が機能し、住みやすい美しいまちが実現しているそうです。ドイツのバイエルン州で建築家として活躍されている水島氏に、ドイツでのまちづくりの手法のどのような点が日本で活かせるかをお聞きし、まちづくりのあり方と住民参加について考えます。

日時:5月23日(土)午後2時〜4時
会場:津田公民館 和室2 資料代:300円

講師:水島 信(みずしま まこと)建築家(ドイツ連邦共和国・バイエルン州建築家協会)

〈講師プロフィール〉
1947年新潟市生まれ。芝浦工業大学建築学科卒業後渡欧。ウィーン、ミュンヘンにて就業。1981年ミュンヘン技術大学建築学部卒業、Diplom Ingeniuerの称号取得後ミュンヘン、東京にて就業。1990年バイエルン州建築家協会に登録、Architektの称号取得後独立。ドイツ、日本で建築設計と都市計画に従事する。

〈著書〉
「ドイツ流街づくり読本-ドイツの都市計画から日本の街づくりへ」鹿島出版会 (2006年7月)
「続 ドイツ流街づくり読本-日本とドイツの都市は何故違うのか」鹿島出版会(2011年9月)
「完 ドイツ流街づくり読本: ドイツのランドシャフトから日本の景観が学ぶこと」鹿島出版会(2015年4月)

主催:小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会

広告