最高裁上告棄却・上告不受理、小平市に投票用紙の保存を求めます

小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会は、2013年5月26日に小平市で行われた小平都市計画道路3・2・8号府中所沢線の見直しの是非に関する住民投票で投票された投票用紙の開示を求めて同年8月8日に提訴し、法廷で闘ってきましたが、9月30日に、最高裁判所から、上告棄却・上告不受理の決定通知を受け取り、上記裁判は終結しました。市民の知る権利と、住民自治の大切さを訴えてきた私達の主張が認められなかったことは、とても残念です。

裁判終結に伴い、小平市が、投票用紙廃棄禁止仮処分命令申し立てによる合意に基づいて保管してきた投票用紙を廃棄する可能性があります。

そこで、小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会は、投票用紙の保存を求める要望書を本日、小平市長および小平市選挙管理委員会に提出致します。

小平市での住民投票は、東京都で初めて実施された住民投票として、多くの注目を集めました。住民投票で投票された51,010人分の投票用紙には、自治を求め、住民の意思を都市計画に反映させることを求めた市民の意思が込められており、これを安易に廃棄することは、市民の思いに背く許しがたい行為と考えます。

また、小平の住民投票の後、全国各地で住民投票の実施が多くみられるようになり、住民の意思を確認するための有効な手段として認識されつつあります。このことから、小平市で実施された住民投票は、民主主義を進めるために大きな役割を果たしたといえると思います。

住民投票には、約3千万円もの市税が投じられ、小平市にとっては大きな事業でした。費やした市税を、また、投票をした市民の行為を無駄にしないため、また、今後の市政に役立てるためにも、小平市の貴重な資料となりうる投票用紙の保存を強く求めます。

〈資料〉
最高裁決定通知(4ページ)
投票用紙の保存を求める要望書

広告