住民投票の投票用紙はどのようにして廃棄されたか

本日10月2日、選挙管理委員会事務局と都市計画道路担当課に今回の措置について聞きました。

最高裁からの上告棄却・上告不受理決定通知が小平市選管に届いたのは、9月30日(水)午前10〜11時、市議会最終日の本会議の最中です。市議も選管事務局長も市議会に出席しています。

選管事務局が市議会議員に、具体的な内容がわかりにくい「行政処分取り消し等請求事件の判決について」というメールを送信したのは午後4時頃。この時点で、すでに住民投票の投票用紙は焼却場に運ばれ、処分されていたことが判明しました(午後2時〜3時半に焼却処分)。

最高裁の決定が出たら速やかに住民投票の投票用紙を廃棄するという方針は、7月末に選管が提案し、市長部局が異論なしとして決裁、8月の選挙管理委員会で報告されて決定したようです。

庁議にもかけられず、市議会にも報告がないまま、投票用紙は廃棄されています。住民投票の投票用紙が重要な行政情報であるという認識はなかったのでしょうか。


【投票用紙廃棄までを時系列で整理】

  • 7月 選挙管理委員会(以下選管)定例会で投票用紙の保管について報告。委員会では市長部局の意見をふまえて決めるべきという意見以外は出なかった。
  • 7月末 選管から市長部局に、最高裁の決定が出たらすみやかに住民投票の投票用紙を処分するがいいかと聞き、市長部局が異論ないとして決裁(※市議がこの書面を請求中)。
  • 8月10日に開かれた選挙管理委員会でこの方針を報告、決定。
  • 生活者ネットが投票用紙保管の要望を出しているが(2回ほど)、選挙管理委員会では、4月の選挙管理委員会定例会で、要望書を受け取ったことが報告されたのみ。
  • 投票用紙を最高裁の決定後すみやかに廃棄する方針については、市議会には全く報告されていない。なぜかと聞くと、「議会で質問されていたとしたら、嘘は言えないので答えただろう」と回答。
  • この方針は、庁議にもかけられていない。
  • 9月30日(水)午前10時〜11時の間に、最高裁判所から選管に上告棄却・上告不受理の決定通知が届く(この日は市議会本会議最終日であり、この時間、選管の事務局長や市議会議員は市議会に出席している)。
  • 選管委員長には処分前に報告したとのこと。
  • 同日午後2時〜3時半の間、選管が小平・村山・大和衛生組合の焼却場に運び込み、投票用紙を焼却処分した(投票された投票用紙6箱、未使用の白紙の投票用紙4箱)。
  • 処分終了後、市長部局に処分終了を報告。
  • 午後4時頃、選管から市議会議員に行政処分取り消し請求事件の判決についてメールで報告。
廃棄に至る過程すべてについて情報公開を請求する予定です。
広告