小平3・3・3号線の一部が今後10年間の優先整備路線に!

2016年度から2025年度までの10年間に優先的に整備する路線についてまとめた東京都における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)が3月30日に公開されました。(以下、東京都における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)(案)を参照している部分は()付けで、章とページを記載します。)

小平市に関係する都市計画道路のうち、市民への影響のもっとも大きい計画として、小平3・3・3の一部が優先整備路線に新たに指定されました。西東京市部分と西東京市境から新小金井街道までの、約2kmが小平市部分です(地図参照)。

第四次整備化計画_小平333_20151226

小平3・3・3号線は、福生市の国道16号、拝島駅の北側を起点に、福生の3・4・3の1号線(五日市街道)、立川、小平、西東京の3・3・3号線として、西東京市で青梅街道に合流する幅員28m(東京都都市整備局に問い合わせたところ、28mの場合、通常4車線になるが、車線は決定されていないとの回答)、全長約33kmの東京都の主要幹線道路の一部です。新五日市街道とも呼ばれており、1963年に都市計画決定されました。小平市内の小平3・3・3号線は約8.5kmで、玉川上水やグリーンロード、鈴天通りと光が丘商店街の大部分や800棟以上の住宅や店舗の建物、多くの畑や果樹園などと重なることがわかっています。武蔵野美術大学の東西、花小金井南口の一部などは部分的につくられています。1963年と言えば、東京オリンピックの直前、高度経済成長時代の計画で、ほぼ未着手のまま放置され、予定地には住宅街や商店街が作られて現在に至り、52年が経過しています。

小平市以外の部分の2015年現在の整備状況としては、以下のようになっています。

〈福生市〉現五日市街道の一部区間である3・4・3の1号線の一部1.1km部分について、2014年12月に幅員18mから28mに拡幅するための事業説明会を開催しているものの、事業認可には至っていません。

〈立川市〉立川3・3・3号線は、前回2006年の第三次事業化計画で、福生市境から多摩モノレールが通る芋窪街道の西側までは優先整備路線に指定されていましたが、都営松中団地の南側の約700mが整備済みで、それ以外は事業化に至っておらず未着手です。

〈西東京市〉西東京市3・3・3号線は優先整備路線にも指定されておらず、未着手です。

つまり、これまで大部分は未着手のままで、事業化に至っていません。

この都市計画道路(概ね3・3・3 号線と呼ばれる)のうち、今回の第四次事業化計画(案)で優先整備路線に選ばれた区間を西側から列挙すると以下のようになります。

  • 福生 3・4・3 の 1 号線(福生 3・4・10~立川市境)1,090 m
  • 立川 3・3・3 号線(福生市境~西砂町六丁目)1,660m
  • 立川 3・3・3 号線(都道 162(松中団地東交差点) ~立川 3・3・30(芋窪街道、多摩モノレールの通り)3,350m
  • 小平 3・3・3 号線(小平 3・4・7(新小金井街道)~小平 3・4・17(小金井街道))1,180m
  • 小平 3・3・3 号線(花小金井南町二丁目~西東京市境)870m
    西東京 3・3・3 号線(小平市境~西東京 3・4・8(青梅街道))2,520m

東京都は、①骨格道路網の形成、②自動車交通の円滑化、③高度な防災都市の実現、④地域の安全性の向上、⑤拠点形成と拠点間連携、⑥地域のまちづくりへの貢献などの視点で優先整備路線(3章P53)に選定したと記述があります。小平3・3・3号線は、4市にまたがる東京都の主要幹線道路の一部で、東京都は①骨格道路網の形成を主たる理由としてあげています。(3章P56)

3・3・3号線 新五日市街道

新五日市街道(小平3・3・3号線含む)←→が優先整備に指定された。赤線は未整備、黒線が整備すみ

しかし、3・3・3号線と平行している路線として機能している東西道路として、五日市街道、新青梅街道、青梅街道などがあります。すべて国道16号を起点に西東京市で接続しており、3・3・3号線については青梅街道と合流します。しかも、全長約33kmのうち、大部分が未整備の状態。さらに幅員28mの大部分が未着手の主要幹線道路である3・3・3号線を新たに整備することが本当に必要なのか、都民のためになるのか、総額どのくらいの予算がかかるのか、費用対効果はどうなっているのか、環境への影響はどの程度あるのかなど、東京都及び福生市、立川市、小平市、西東京市は、関係する都民・市民に説明をすべきではないでしょうか。また部分的に優先整備路線にした理由も問いたいです。部分的に整備を進めて、いつのまにか道路ネットワークの完成が正当化されるという事業の進め方には大いに疑問を感じます。

小平市部分で優先整備路線にされた部分は、光が丘商店街の大部分と、鈴天通り商店街の北側すべてにかかる部分です。光が丘商店街と鈴天通り商店街は、花小金井の南側、小金井街道から西に1km、歩いて移動できる個人商店が並ぶ通りです。小平市でも賑わいが残っている商店街だけに、北側の大部分が消失してしまうことについて、小平市は第四次事業化計画の検討の中で東京都に対して、どのように意見したのかを問いたいです。

なお、小平市議会を通じて、小平市議会の会派である生活者ネットワークが小平市に小平3・3・3号線について質問して回答を得ています。小平市として小平3・3・3号線については意見していないそうです。詳しくは添付をご覧下さい。

小平市3・3・3について文書質問書及び回答書

小平市のまちづくりに住民の意見を反映させる手段として、小平市の将来像である「都市計画マスタープラン」に意見をすることも重要です。都市計画法では「都市計画マスタープラン」は、住民の意見を反映させるために必要な措置を講ずるものとされています。現在、小平市では10年に1度の都市計画マスタープランの見直し作業が、2017年3月までかけて進めています。

改訂前の2007年3月に改訂された小平市都市計画マスタープランの地域別構想における花小金井周辺地区(P53、54)の記述に、以下のような記載があります。

都市計画マスタープラン 地域別構想 花小金井駅周辺地区 整備方針部分抜粋

都市計画マスタープラン 地域別構想 花小金井駅周辺地区 整備方針部分抜粋

2015年現在の鈴天通り商店街や光が丘商店街のイメージとは全く異なる未来像が2007年3月に既にまとめられていますが、このことを知っている小平市民は何人いるのか、本当に市民の意見を反映させた都市計画マスタープランなのだろうか、と思ってしまいます。

小平市がどんな街であってほしいか、多くの市民の多様な声が反映された都市計画マスタープランにするべきです。みなさまの視点で、小平市の「小平市都市計画マスタープラン見直し検討委員会」に意見を届けましょう。

小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会では、小平3・3・3号線の予定地を3区画に分けて歩く会を定期的に開催しています。こちらのページに随時案内を載せています。関心をお持ちの方はぜひご参加ください。

この写真は、今回の第四次整備化計画で、優先的に整備される区間と小平グリーンロードの交差部です。200m以上は、小平3・3・3号線と重なります。

11_多摩湖自転車道と重なる

小平グリーンロードと、小平3・3・3は斜めに交差する。写真手前(西)から、写真奥(東)へ小平3・3・3号線は抜けていく。200m以上は、小平グリーンロードと重なっている。

 

次の写真は、玉川上水と小平3・3・3号線の交差部の写真です。

小平3・3・3号線と玉川上水交差部 左上から右下に斜めに交差 

小平市と立川市境、小川橋から西に150mほど移動した西中島橋から小平3・3・3予定地部分を撮影。左上側(北東)から右下(南西)に抜けていく。

 

(文責 神尾直志)

 

広告