2016年5月21日 小平3・2・8号線現地を歩く会

小平3・2・8号線の現地を歩く会、2013年5月から、これまで何回行ったか覚えていない。ブログに記録を残すのは初めてだ。最近では、現地を見たいという人は少ないが、江戸川大学現代社会学部の准教授で環境倫理を教えている吉永先生が、毎年、学生を連れてやってくる。今年は3名の江戸川学園大学の学生と、同じく吉永先生が教えている東大学生1名、と一般の方とで、合計6名の参加。

どんぐり林の柵

どんぐり林、柵の右側(東側)が小平3・2・8号線予定地、こちらは道路になったら、左側(西側)に残される林にも今の静けさはなくなる。その価値は緑の面積だけではない。全体像が見えない写真であるが、この場にたつと意味がわかるだろう。

予定地玉川上水北側

上の写真の南側、玉川上水緑道、5月、新緑が一番きれいな時期だ。緑道の奥に玉川上水。緑道と垂直に、36mの幅で交差する。

たかの街道と3・2・8予定地

手前の左右の道路がたかの街道、小平3・2・8は、写真奥(南)から、写真手前(北)へ。たかの街道と交差する。

小川一丁目解体中の予定地の家

小川1丁目の住宅の予定地。ちょうど解体が行われていた。

府中街道、青梅街道交差点

小平3・2・8は北側の府中街道と、つながる。左右に走るのは青梅街道。左側が西。ここで写真右(東)側からクランクになっている府中街道部分と合流して1本になる。

小川用水南側

府中街道と交差している小川用水(南)。江戸時代の小平の生活用水。小川用水はきれいに保全されている。

府中街道

小川一丁目側の府中街道。この時間は渋滞はなかったが込んでいるときは込んでおり大型車も多く、歩道はせまいので安全とは言えない。1994年頃に、東京都は沿道住民の協力のもと歩道をつくった。この位置の小平3・2・8号線は、写真の右側(西側)の約70mほどの位置に平行している。

五日市街道から南側の国分寺3・2・8号線

府中街道から、五日市街道まで南下して、国分寺3・2・8号線と五日市街道の合流点

国分寺3・2・8の看板

国分寺3・2・8の五日市街道部分にある看板。2017年2月まで工事は続くようだ。

予定地と幅が同じの集合住宅

 

小平3・2・8号線と同じ道幅の集合住宅。ここ10年以内に建てられた物、比較的新しく建てられた賃貸住宅。都市計画道路予定地なので、鉄筋は不可。2階建て以下に規制されている。

小平の魅力、農地が突然ある

上記の集合住宅の西側。小平3・2・8の集合住宅は屋根が見える。住宅街と混在する農地が小平の魅力のひとつだ。

参加者の主な意見は以下の通り

  • 自分が住んでいる街でないと他人事になってしまう。来て歩くといろいろわかる。市民運動も形が変わってきていると感じた。
  • アメニティマップをつくるとしたら、良い場所は雑木林、良くない場所は、青梅街道の交差点となる。
  • 東京都のマクロの視点、住民のミクロの視点、どう調整するか?だと思うがどこかが割を食うのだと思う。渋滞が残るのか、交通渋滞は解消されるが大切なものが失われるのか?
  • 自分の家の近くでの工場跡地に公園ができる話しがあったが、交通量の多い道路があったため安全面を配慮して中止になり老人ホームになったことを思い出した。
  • 見学した場所だけでは道路をつくるメリットが見つからなかった。
  • 50年以上前の計画と言うことが驚き。青梅街道のところ、振り返ったところとのギャップが大きかった。立ち退きで歯抜けになっている住宅地の光景が残念、これまで見たことなかった。
  • 近隣住民にもいろんな人がいると説明が印象に残った。
  • 近くの工場跡地に太陽光パネルが置かれた。実際には置いてみると太陽の光がまぶしいとか、近隣から苦情があった。道路の場合も同じで出来てから見えてくる影響もあると思う。
  • 道路が出来る事で雑木林の意味は大きく変わってしまう。東京都には見えていないこと。
  • 日頃から市政、まちづくりに関心をもちつづけることが大事。

環境倫理学を学んでいる学生だけに、問題意識が高い学生が多かった。吉永先生の話しによると江戸川大学のある流山市の井崎市長は、徹底した情報公開と、シティセールスにマーケティング手法を取り入れたことで有名で、評判がよいらしい。つくばエキスプレスが出来たことによる開発がいっきに進み若い夫婦世代を中心に人口が増加している。反面、失われている自然も多く、おおたかの森や、新川耕地、利根運河など一部保全されている緑地を残してほとんどの緑がなくなってしまったとのことだった。環境と開発の衝突の問題はゼロにはならない。人口急増中の流山のような街も、どこかで開発には歯止めがかかって環境保全にむかってほしい。日本全体の人口は減少に向かっているのだから。小平の年々減少している緑、残された貴重なアメニティである雑木林や玉川上水、ここだけは守りたい、そう思うことは近隣住民であれば当然だ。

(文責  神尾直志)

 

 

 

 

広告