2016年7月16日 小平3・2・8号線現地を歩く会報告

小平3・2・8号線現地を歩く会を7月16日に開催した。東京学芸大学で小中学校の社会科の先生を目指して勉強中の学生さんたちから連絡を頂き、7月16日土曜日の午後、学芸大学生2年、3年、4年の6名のメンバーとともに、小平3・2・8号線現地を歩く会を行った。東京学芸大学は小平3・2・8号線現地からもそれほど遠くない場所にある。

彼らの話によると、小中学生の社会科の授業で、事例を通じて社会を考える授業のプログラムをつくる実習があり、今年はテーマとして小平市または府中市が割り振られ、小平市を選んだそうだ。当初は、小平市観光まちづくり振興プランにある「プチ田舎計画」にフォーカスしてもろもろ調査していたが、小平3・2・8号線開発計画の存在を知って、住民投票が行われたことも知って、興味をもってしらべていくうちに、こちらのテーマの方が教材としておもしろいと考えて変更したとのこと。既に、メンバー数名で現地の見学を行い、小平3・2・8号線計画についてある程度の知識をもっていた。

用地買収_小川一丁目の328と333交差点あたり

用地買収が進んでいる小川一丁目の予定地。小平3・2・8号線は写真の奥(南側)から手前(北側)に通る。36mの道幅。東西両側が買収されて、36mの道幅が想像できるようになってきた。

小平中央公園の雑木林

小平中央公園の東側に隣接する雑木林。柵の左側(東側)が、小平3・2・8号線予定地。右側(西側)が小平中央公園として残される。まだセミの鳴き声も少しで、静かな午後だった。雑木林も半分残るから良いではないかと言う人もいるが、ここに来れば乱暴な意見であることに気付くはずだ。すぐ横に4車線、時速60kmの幹線道路が通れば、右側(西側)に残される雑木林の価値は半減どころではない。騒音・振動・排ガスでゆっくり過ごせるような環境ではなくなる。

府中街道、久右ヱ門橋交差部

小平3・2・8号線の東側150mくらいにある府中街道が玉川上水と交差する久右衛門橋。休日のお昼だったので渋滞と言うほどではなかったが、幹線道路にしては狭く歩道も狭い。緑がしげっているところに玉川上水緑道。ここは道幅10mくらい。小平3・2・8号線が玉川上水と交差する際の平面橋は、この3.6倍、多くの樹木が伐採される。

参加者たち国分寺328側を見る

五日市街道から、南側の国分寺3・2・8号線を見る参加者たち。

五日市街道から

五日市街道から手前(北側)の小平3・2・8号線の南側の始点。江戸時代からここに住んでいると思われる大きな農家のお宅だった。屋敷林、くら、お屋敷、もろとも立ち退いて広々としている。

上水本町素敵な屋敷林

上水本町1丁目の予定地。写真の奥(南側)は栗林。奥(南側)から手前(北側)に、右側(西側)の住居すれすれを小平3・2・8号線は通る。左側(東側)は屋敷林も予定地。いつも手入れされていて素敵だ。恐らく地主さんは、道路予定地だから屋敷林として残しているのだろう。失われる自然には、雑木林と玉川上水だけではなく、栗林や屋敷林も含まれる。

上水本町、玉川上水の南側

奥(北側)に見えるのが玉川上水の緑道。小平3・2・8号線は写真手前(南側)から奥(北側)の玉川上水側へ36m幅で通る。右側(東側)の農地と、左側(西側)の住宅も予定地

参加者の学芸大学の学生の御意見は以下の通り。

  • 一度見学していたが、詳しく解説してもらうフィールドワークを通してしていろんな事がわかった。自分としても何が解決になるのか、わからない。ゆっくり考えたい。
  • 選挙では道路計画は論点にならず、道路計画に対して民意を反映されないという間接民主主義の弱点について考えさせられた。直接訴える方法は陳情・請願、住民投票などもあるが、どうあるべきか考えてみたい。
  • 以前、地権者にインタビューしたときは、地権者は既に引っ越しすることを決めていると言われていた。仕方ないという感じだった。今日はまた別の地権者の声を聞けた。今日学んだことを他に活かせる視点を持ちたいと思った。
  • 社会科教育のひとつに公民的資質の育成というのがある。公民的資質には、多角的な視点で行政を批判的に見る思考力も求められる。人によってそれぞれの考えを持つ、自分の考えを根拠をもって言える力を養うことが求められている。詳しくは、森分 孝治(もりわけ たかはる)先生がこの分野の第一人者。
  • 計画に対して、賛成・反対の両方の声をとりあげる力が行政にはあるべきだと思った。

6名参加のうち、ディスカッションに残ってくれた4名は、7月10日の参議院選挙で全員投票したそうだ。社会科の先生を目指す学生さんだけあり、しっかり勉強しており、メモの取り方もすごかった。一字一句逃さずという感じのメモぶりに圧倒された。「公民的資質の育成」については、教えて頂き勉強になった。こんな若者達が学校で社会を教えることになるなら、日本は捨てたものじゃない。なお、4年生の彼は、なんと東京都庁の職員を目指してるとのこと。都市整備局や建設局に行ったら、どうなるんだろうか。都庁に就職しても、今回の歩く会で感じたことを忘れないで欲しい。

今回、小川一丁目の予定地で2mだけ自宅が小平3・2・8号線にかかるというお宅のお話しを聞くことが出来た。母屋をすこしだけ削る事になるのだが、そうなると建ぺい率が越えてしまい違法建築になり住めなくなるとのことだった。公金を使っての用地買収の対象は、道路予定地の部分だけが原則で、果たしてどのくらいで購入してもらえるのかと大変心配そうな表情だった。

小平3・2・8号線計画決定が1962年で、このときは幅員28mの計画だった。過去の住宅地図でこのあたりの地図を追いかけると、84年の住宅地図で、当地が小平3・2・8号線の線にあたらないように街をつくり変え区画が売り出されたことがわかる。恐らく住民の方は、この地に永住できると思って住宅を建てたと思われる。しかし2010年での小平3・2・8号線計画の東京都による住民向け説明会で幅員36mの変更素案となっており、その後の手続きを経て小平市及び東京都の都市計画審議会で36mの変更案が承認されて幅員36mにて2014年7月に事業認可された。28mから36mに拡張したのには、周辺の住民へ配慮し、また歩道や自転車道や街路樹のスペースを広くするためなのであるが、このような問題が個別に起きていることを忘れてはならない。

(文責 神尾 直志)

広告

2016年5月21日 小平3・2・8号線現地を歩く会

小平3・2・8号線の現地を歩く会、2013年5月から、これまで何回行ったか覚えていない。ブログに記録を残すのは初めてだ。最近では、現地を見たいという人は少ないが、江戸川大学現代社会学部の准教授で環境倫理を教えている吉永先生が、毎年、学生を連れてやってくる。今年は3名の江戸川学園大学の学生と、同じく吉永先生が教えている東大学生1名、と一般の方とで、合計6名の参加。

どんぐり林の柵

どんぐり林、柵の右側(東側)が小平3・2・8号線予定地、こちらは道路になったら、左側(西側)に残される林にも今の静けさはなくなる。その価値は緑の面積だけではない。全体像が見えない写真であるが、この場にたつと意味がわかるだろう。

予定地玉川上水北側

上の写真の南側、玉川上水緑道、5月、新緑が一番きれいな時期だ。緑道の奥に玉川上水。緑道と垂直に、36mの幅で交差する。

たかの街道と3・2・8予定地

手前の左右の道路がたかの街道、小平3・2・8は、写真奥(南)から、写真手前(北)へ。たかの街道と交差する。

小川一丁目解体中の予定地の家

小川1丁目の住宅の予定地。ちょうど解体が行われていた。

府中街道、青梅街道交差点

小平3・2・8は北側の府中街道と、つながる。左右に走るのは青梅街道。左側が西。ここで写真右(東)側からクランクになっている府中街道部分と合流して1本になる。

小川用水南側

府中街道と交差している小川用水(南)。江戸時代の小平の生活用水。小川用水はきれいに保全されている。

府中街道

小川一丁目側の府中街道。この時間は渋滞はなかったが込んでいるときは込んでおり大型車も多く、歩道はせまいので安全とは言えない。1994年頃に、東京都は沿道住民の協力のもと歩道をつくった。この位置の小平3・2・8号線は、写真の右側(西側)の約70mほどの位置に平行している。

五日市街道から南側の国分寺3・2・8号線

府中街道から、五日市街道まで南下して、国分寺3・2・8号線と五日市街道の合流点

国分寺3・2・8の看板

国分寺3・2・8の五日市街道部分にある看板。2017年2月まで工事は続くようだ。

予定地と幅が同じの集合住宅

 

小平3・2・8号線と同じ道幅の集合住宅。ここ10年以内に建てられた物、比較的新しく建てられた賃貸住宅。都市計画道路予定地なので、鉄筋は不可。2階建て以下に規制されている。

小平の魅力、農地が突然ある

上記の集合住宅の西側。小平3・2・8の集合住宅は屋根が見える。住宅街と混在する農地が小平の魅力のひとつだ。

参加者の主な意見は以下の通り

  • 自分が住んでいる街でないと他人事になってしまう。来て歩くといろいろわかる。市民運動も形が変わってきていると感じた。
  • アメニティマップをつくるとしたら、良い場所は雑木林、良くない場所は、青梅街道の交差点となる。
  • 東京都のマクロの視点、住民のミクロの視点、どう調整するか?だと思うがどこかが割を食うのだと思う。渋滞が残るのか、交通渋滞は解消されるが大切なものが失われるのか?
  • 自分の家の近くでの工場跡地に公園ができる話しがあったが、交通量の多い道路があったため安全面を配慮して中止になり老人ホームになったことを思い出した。
  • 見学した場所だけでは道路をつくるメリットが見つからなかった。
  • 50年以上前の計画と言うことが驚き。青梅街道のところ、振り返ったところとのギャップが大きかった。立ち退きで歯抜けになっている住宅地の光景が残念、これまで見たことなかった。
  • 近隣住民にもいろんな人がいると説明が印象に残った。
  • 近くの工場跡地に太陽光パネルが置かれた。実際には置いてみると太陽の光がまぶしいとか、近隣から苦情があった。道路の場合も同じで出来てから見えてくる影響もあると思う。
  • 道路が出来る事で雑木林の意味は大きく変わってしまう。東京都には見えていないこと。
  • 日頃から市政、まちづくりに関心をもちつづけることが大事。

環境倫理学を学んでいる学生だけに、問題意識が高い学生が多かった。吉永先生の話しによると江戸川大学のある流山市の井崎市長は、徹底した情報公開と、シティセールスにマーケティング手法を取り入れたことで有名で、評判がよいらしい。つくばエキスプレスが出来たことによる開発がいっきに進み若い夫婦世代を中心に人口が増加している。反面、失われている自然も多く、おおたかの森や、新川耕地、利根運河など一部保全されている緑地を残してほとんどの緑がなくなってしまったとのことだった。環境と開発の衝突の問題はゼロにはならない。人口急増中の流山のような街も、どこかで開発には歯止めがかかって環境保全にむかってほしい。日本全体の人口は減少に向かっているのだから。小平の年々減少している緑、残された貴重なアメニティである雑木林や玉川上水、ここだけは守りたい、そう思うことは近隣住民であれば当然だ。

(文責  神尾直志)

 

 

 

 

小平市における都道3・2・8号線の住民投票に関する研究―住民意識調査から「投票率50%の成立要件」の意味を考える―

早稲田大学社会科学部卯月研究室の大学院生福地健治さんが小平市の住民投票に関する意識調査について論文にまとめくださいました。この内容は論文「小平市における都道3・2・8号線の住民投票に関する研究―住民意識調査から『投票率50%の成立要件』の意味を考える―」として、早稲田大学卯月研究室のHPで公開されています。内容について、概要と投票率による成立要件について整理しました。

 

福地さんは修士一年の学生ですが、一度社会に出て大学院に入られており実は私と同世代でした。昨年(2015年)、小平3・2・8号線現地を歩く会に来て下さり、ヒアリングをされました。そのときは、まさかこんなサプライズな論文を準備されているとは知らずに、2016年になって、この論文の話しを聞いたときは驚きました。

福地さんの論文は、株式会社マクロミルのインターネットアンケート調査により、2013年5月26日に行われた小平3・2・8号線計画の住民投票について、小平市の有権者272人に、年代、性別ごとに、住民投票の選択肢「住民参加による見直し」または「見直しは必要ない」のどちらに投票したのか、投票に行かなかった人からはその理由などをアンケートして、小平市が後出しで条例に付け加えた50%成立要件が投票に与えた影響などを分析しています。

小平3・2・8号線の住民投票は、50%成立要件に阻まれて不成立、その後の情報公開裁判でも最高裁で棄却されて2015年9月30日には投票用紙は焼却されてしまったので、もはやその結果は永遠に知ることは出来ず、今更どうなるものでもないのですが、ボイコットを誘発すると言われる住民投票における成立要件が、どの程度のものなのかという視点で、興味深く読ませて頂きました。

成立要件というものが、本当に住民投票のふさわしいのか?これは、大いに疑問です。全国各地で市町村で条例による住民投票が頻繁に行われるようになりました。2015年以降に行われた住民投票の事例ですと、幸い投票率による成立要件は設けられてていません。最近、憲法改正がニュースになっていますが、憲法改正の際には、国民投票にかけられますが、2010年に施行された国民投票法にも、成立要件はありません。

小平3・2・8号線計画についての住民投票に小平市が後出しで付けた成立要件について、小林正則市長は、「住民投票の結果を、市民の総意、市を代表した意見として取り扱うために信頼性・実効性を与えるため」という趣旨の説明をしています。50%以上の有権者が投票に行けば、確かに関心が高いということで、重みがあると言えるとは思えます。しかし、住民投票で問う内容について反対の意見の人にとっては、投票率を下げ成立させないことが最良の選択肢となるため、投票ボイコットという選択を選んでしまうという問題がおきます。以下、福地さんの論文を解説しながら、成立要件の影響を考えて行きたいと思います。

福地さんの論文では、インターネット調査会社の1855人の登録した小平市民のモニターうち、309人が回答しています。投票が行われた2013年5月現在の小平市の有権者からは272人の回答を得ております。272人の年齢構成は、30代と40代で合計52.58%と実際の有権者構成より多く、60代と70代以上は17.3%と実際の有権者構成より少ない。272人のうち投票に行った人は118。住民投票があることを知らなかったので行かなかった人が54、知っていて棄権した人が、100という結果になっています。272のうち118が投票したので、投票率は43.38%となっており、実際の投票率である35.17%より、8ポイントほど高いです。これは、サンプルサイズが272と十分ではないことによるバラツキ(P4によると、最大誤差±5.7%)であるが、回答者が現実の投票でも投票率が高い3~40代が多かったことから、投票率は高い方にふれていると思われます。

投票者の118人のうち76(64.4%)が住民参加による見直しに投票しています(P6)。性別による回答の傾向は「住民参加で見直す」を選んだ人は男37人女39人と大差はないものの、「見直す必要はない」を選んだ人は、女10人に対して、男32人と3倍も男性が多く、年代別の回答の特徴として、20代、30代、50代、60代は、60%以上が住民参加による見直しを選択したのに対して、40台は、50数%だけが住民参加による見直しを選んでいます(P6)。男女比別、年代別から、40代の男性が、もっとも見直しに消極的という傾向があることが読み取れます。40代後半の1人の男性としての自分の意見ですが、道路計画の南北の状況や、事業認可に向けた手続きが直前まで進んだタイミングでの変更がいかに難しいということを知っての選択の傾向のように思えます。いろいろな社会の仕組みの矛盾や理不尽さを知りながら、仕事に責任をもって感情を抑えて働いている自分を含めた40代男性ならでは傾向であると感じました。これは私の私見です。

住民投票があることを知っていて投票にいかなかった人の100人(35.6%)の投票に行かなかった理由の調査結果は興味深いです。「①計画を見直す必要がないから」28「②投票しても不成立になる(投票率が50%に満たない)と思ったから」34、「③自分とは直接関係がないから」が23、「④その他」が22。回答は107(P7)。回答者は100なので、重複が7ありますが、①を選択した人は、見直しは必要ないを選択するための「投票ボイコット」の選択が28(28%)、②を選択した人は、どうせ投票に行っても不成立となるからという「あきらめ」や「しらけ」の理由が34(34%)、併せて、59(59%)(①と②の重複が3人いるため①と②の和より3少ない)が、成立要件の影響で、投票に行かないという選択をしてしたということを意味しています。

仮に50%成立要件がなければ、これらの59人のうち投票に行った人は多くいたでしょう。59人は、272人はアンケート回答者の21%にあたります。投票率を十分に引き下げる効果はあったと言えます。実際の住民投票の投票率は35.17%でしたので、仮に+21%アップなら、56%となります。そこまで大きく投票率に影響することはないにしても、住民投票の直前の2013年4月に行われた市長選挙(投票率 37.28%)や、直後の6月に行われた都議選挙(投票率 37.27%)の投票率は、軽く越えていたとは言えるのではないでしょうか。

なお、福地さんの論文では、アンケート回答者272人を、住民投票当日の有権者145,024人全体に割り当てて、①と②の理由で投票にいかなかった人の比率から、50%成立要件がなかった場合はどうなったかについて一定の仮定をもとに、投票率と得票率を試算しています。 詳しくは15ページから16ページをご覧下さい。アンケート結果の概要は以下の図にまとめました。

福地さんの調査結果概要

福地さんの論文 インターネットアンケート調査結果の概要

福地さんの論文から、住民投票に投票率による成立要件をつけると、住民投票で問う内容について反対の意見を選択したい人にはボイコットを選択させ、さらに不成立になるという「あきらめ」や「しらけ」から投票に行かない人を増やし、投票率を下げるということが明らかになりました。そもそも日本では、条例による住民投票結果には、拘束力はないとされています。住民投票を実施した結果の中身を見て、首長がその結果をどう扱うか、判断すれば良いのです。

小林正則市長が言うように、住民投票結果を、「市民の総意、市を代表した意見として取り扱うために信頼性・実効性を与えるたいので、基準を設けたい」という場合はどうすれば良いかというと得票率を成立要件や尊重要件に設定するという考えがあります。二つの選択肢の中で、どちらか多い方が、投票資格者全体の何%を締めているかという得票率を基準にするという考え方です。当然、投票結果の開票が前提になります。

福地さんの論文によれば、住民投票の先進国のドイツでも1955年は50%成立要件による住民投票が行われ、その後20年間制度は維持されたが、多数の投票ボイコットが住民投票制度を形骸化したため、1975年に、「全有権者の30%の絶対得票率」に変更されたことが書かれています。現在では、州によって様々な得票率による基準が定められているようです。詳しくは、P17をご覧下さい。

なお、日本でも住民投票に、得票率による尊重要件を設けた例として、2015年の2月に行われた所沢市の小中学校の除湿(冷房)工事についての賛否についての住民投票の例があります。詳しくはコダイラー通信 市議選特集号の4ページ目に「小平以降の住民投票は?」としてまとめていますので、よろしければご覧下さい。

最後に、このようなアンケート調査を実施頂き、論文にして公表してくださった卯月盛夫先生と福地健治さんに深く感謝したいと思います。そして、この論文が多くの人の目にとまり、これからも全国の市町村で実施されるだろう条例による住民投票に、投票率による成立要件が二度とつけられないことを強く望みます。

(文責 神尾直志)

5/16(土)小平3・2・8号線 現地を歩く会を実施します。

小平の住民投票で話題になった小平3・2・8号線の予定地1.4kmを歩きながら、参加者間で意見交換します。
5/16(土)13:00小平中央公園体育館前集合、15:00まで、歩行距離約3kmです。資料代100円。(小雨天の場合、決行、大雨の場合中止)

都市の環境倫理を研究をされている江戸川大学社会学部の吉永明弘先生と江戸川大学の学生さんとともに歩きます。

最近、吉永先生は、「地域エゴ」の何が悪いのか?――NIMBYから考える環境倫理をSYNODOSに寄稿されました。
http://synodos.jp/society/13790

15:00から、中央公園の雑木林で、NINBYから考える環境倫理について吉永先生に簡単な解説をして頂き、都市計画への住民参加のあり方、についてなど、意見交換したいと思います。なお、この日は19:10から、この雑木林で

どんぐりの会主催の月夜の幻燈会『どんぐりと山猫』

http://dongurinokai.net/?p=6248

がありますので、こちらを見学するのもお勧めです。

一般の方も参加できますので、お気軽にご参加ください。事前に参加連絡をいただけますとありがたいです。15:00から参加でもOKです。(080-5071-0255 神尾)

11/15(土)小平3・2・8号線現地を歩く会開催します。

小平の住民投票で話題になった小平3・2・8号線の予定地1.4kmを歩きながら、参加者間で意見交換する小平3・2・8号線現地を歩く会を久しぶりに開催します。

11/15(土) 10:00 小平中央公園体育館前集合、12:00まで。歩行距離、約3kmです。
資料代100円。

今回は、卒論のテーマに取り上げたいという早稲田の学生さんが現地に来るのに併せて、一般公開イベントとして、久しぶりにやることにしました。当日参加もOKです。(080-5071-0255 神尾)

*小平3・2・8号線現地を歩く会についてはこちらのページに詳細があります。