12月15日(月)、控訴審の第一回口頭弁論です!

12月15日(月)に、住民投票情報公開裁判控訴審の第一回口頭弁論が行われます。ぜひ傍聴にいらしてください。よろしくお願いいたします。

日時:12月15日(月)15:00~
場所:東京高等裁判所(地裁と同じ建物)817号法廷

この第一回口頭弁論では、三宅弁護士が意見陳述をするほか、反映させる会共同代表の水口和恵も原告として意見陳述をすることになりました。

学習院大学名誉教授の戸松秀典先生が地裁判決についての鑑定意見書を書いてくださり、公証人の北野俊光先生が、投票用紙が開示された際の票の集計について事実実験公正証書を作成するという見解書を書いてくださっています。この内容は、第一回口頭弁論の後に公開します。

【資料】
控訴理由書(A4で53ページ)

広告

コダイラ―通信創刊!

「コダイラ―通信」を創刊しました。

私たちが取り組んでいる活動を少しでもお知らせしたいと思っています。不定期発行で年3~4回の発行を目指していますが、どうなりますやら・・・。

印刷し、小平市内の公民館、地域センターにも配布しておりますので、そちらで手に取ることも可能です。通信を置いてもらえるようなお店や場所も増やしていきたいと考えています。場所に関する有益情報がありましたら、どうぞお知らせください。

この通信は、たくさんの方のご協力で完成しました。今後とも一緒に育てていただければ嬉しいです。感想、ご意見などがありましたらお寄せ下さい。
下の画像をクリックすると、通信をページごとにダウンロードできます(B5)。
コダイラー通信1号1
コダイラー通信1号2
コダイラー通信1号4
(題字:石渡希和子さん)

小平市長に2つの署名を提出しました

ご報告が遅くなりましたが、7月9日(火)に小平市長宛の2つの署名の提出に行きました。

小平市長に住民投票の開票を求める署名(呼びかけ:反映させる会)は、change.orgのサイトでのオンライン署名が5,523筆、署名用紙での署名が1,426筆集まり、合計6,949筆を届けました。

子どもたち(未成年)からの、「小平中央公園の横の雑木林を半分つぶして道路にしないでください。今ある林をずっと林のまま残してください」と求める署名(よびかけ:NPOこだいら自由遊びの会、どんぐりの会、協力:子ども∞幸せ円卓会議inこだいら)は、署名235筆、絵やメッセージ69人分を18歳の前野さんと20歳(住民投票当時19歳)の向野さんが渡し、その場でしっかりと自分の考えを話してくれました。(どんぐりの会のブログに子どもたちの絵やメッセージを掲載しています)

林を守ることを求める「子どもの署名」はひきつづき集め、できれば24-25日頃都知事に提出に行く予定です。署名用紙はこちらからダウンロードできます。お子さん(19歳以下)で書いてくれるような方がいらっしゃいましたら、できれば23日くらいまでに、署名用紙に記載の送付先までお送りください。

署名提出について、昨日の東京新聞と毎日新聞で記事が掲載されました。毎日新聞のほうは二つの署名を混同されていますが、両紙とも2人のコメントを載せてくれています。

7月10 日 東京新聞社会面

7月10 日 東京新聞社会面

7月10日 毎日新聞

7月10日 毎日新聞

署名期間は12月17日からです。

久々の更新になってしまって、すみません!

都知事選と衆議院選が告示されてから終わるまで、一切の政治活動が禁じられているそうです。

住民投票条例制定の直接請求(長い!)の署名を集められるのは、12月17日からとなります。

なかなか連絡が行き届かず、受任者になられた方から、署名用紙はどうやって入手するのかとお問合せが来ていますが、署名簿は12月8日(土)と9日(日)の二日間に開く説明会で、お渡しする予定にしています。今しばらくお待ちください。

署名期間までの間、署名は集められませんが、受任者を集めることはできます。

50年前の計画を住民参加で見直す必要があるか、その必要はないか、私たちは、この計画のことを知らせ、いったん住民に問いたいと思っています。道路計画の是非にかかわらず、この住民投票の実現にご賛同いただける方、ぜひ、受任者になってください。詳細は受任者募集!のページをご覧下さい。

小平市内に5万部配布予定!

今週末から、市内に5万部配布予定のチラシです。玉川上水を36メートル幅で横切る道路のこと、住民投票のこと、まとめました。ぜひ、お読み下さい。

(ダウンロードできるようにしましたが、実際のチラシとは解像度や色が異なります。ご了承ください。)