5/29シンポジウム「住民投票のこれまでとこれから-小平住民投票市民アンケートからみえるもの」

小平市で道路計画をめぐって2013年5月に行われた住民投票は、結果が明らかにされないまま、昨年9月、市は投票用紙を焼却処分しました。早稲田大学社会科学部修士課程の福地健治氏は、誰も結果を知ることができなくなったその住民投票について、昨年夏に市民対象にアンケート調査をした結果を論文として公表しました。

その論文では、住民投票で投票した人の64.4%が、道路計画を「住民参加で見直すべき」に投票したこと、78.8%の人が「投票結果を開示すべき」と考えていたこと、などが明らかとなりました。この論文について福地さんにご報告いただき、その内容を踏まえ、住民投票のあるべき姿について、講師陣に討論していただきます。

日時:2016年5月29日(日)13:30~16:30
場所:津田公民館ホール(定員96名・先着順)
資料代:300円

報告:「小平住民投票市民アンケート結果について」 福地健治氏(早稲田大学社会科学研究科修士課程)

討論:卯月盛夫氏(早稲田大学社会科学総合学術院教授)、國分功一郎氏(高崎経済大学経済学部准教授)、武田真一郎氏(成蹊大学法科大学院教授)

主催:小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会
問合せ:090-2439-7976(オガワ)
保育あり:1人300円。上記問合せ先へ要申込み。

チラシダウンロード(A4)

シンポジウムチラシ.jpg

広告

『コダイラー通信』4号ができました!

『コダイラー通信』4号を発行しました。小平市内の公民館や地域センター全館、お店にお届けできるよう準備中です。

今号では、9月5日の地裁判決について、中沢新一さんと國分功一郎さんにご寄稿いただきました。また、「なぜ控訴か?」地裁判決をわかりやすく解説したQ&Aコーナー、小平3・4・23号線と小平3・3・3号線を取り上げた「小平のまちづくりはいま②」なども読み応えある記事になっています。ぜひお読みください。

コダイラー通信4号をダウンロード
(クリックするとダウンロードできます。A4で4ページ)

以下の画像をクリックすると、一ページごとにダウンロードできます。
コダイラー通信4_20141114_ページ_1 コダイラー通信4_20141114_ページ_2 コダイラー通信4_20141114_ページ_3 コダイラー通信4_20141114_ページ_4

『コダイラー通信』3号は一周年シンポ特別号!

不定期で発行している「コダイラ―通信」、第3号は6月21日の小平市住民投票1周年シンポジウム特別号となりました。サイズやページ数を変えて、熱気のあるシンポジウムの報告をまとめました。ぜひお読みください。

※下の画像をクリックすると今号をまとめてダウンロードできます(A4で8ページ)。ぜひお読みください。
kodairar3

※以下の画像をクリックすると、ページごとにダウンロードできます。

kodairar3kodairar3-2kodairar3-3kodairar3-4kodairar3-5kodairar3-6kodairar3-7kodairar3-8

※コダイラー通信のこれまでの号はこちらにまとめています。

《再掲》小平住民投票一周年ーまちづくりは市民参加で

20140621symposium_poster

小平住民投票一周年ーまちづくりは市民参加で

小平市住民投票一周年を記念して、シンポジウムを開催します。市内の方も市外の方もぜひいらしてください。

第一部では、先日結審した小平住民投票情報公開訴訟について、投票用紙を開示する意義とはなにか、お話いただきます。中島弁護士の「住民投票制度の形骸化=住民自治の弱体化を許さないためのたたかい」という言葉が印象に残っています。

第二部は「住民投票で何がどう変わったか」國分功一郎さんをコーディネーターに、地元で運動に関わったメンバーの他、市民であり地方自治職員向け雑誌編集長である友岡一郎さん、東京新聞記者の北爪三記さんにお話いただきます。

私たちの住民投票の経験にはどんな意味があるか? どう活かしていけるか? どんな影響が出ているか? 市民がまちづくりに関わるにはどうしたらいいか? 対話から多くの実りが生まれるシンポジウムになりますように。

_______________________________________________

日時:2014年6月21日(土)
シンポジウム:14:00~17:25(開場:13:30) 懇親会:17:45~19:30

会場:小平市福祉会館 第一集会室
参加費: シンポジウムのみ 300円 懇親会のみ 700円(学生:500円) シンポジウム+懇親会 1,000円(学生:800円)

シンポジウム
第1部:「住民投票の投票用紙開示の意義」14:00~15:20
パネリスト:中島敏(弁護士)、三宅弘(弁護士)
コーディネーター:武田真一郎(成蹊大学法科大学院教授)

第2部:「住民投票で何がどう変わったか」15:30~17:25
パネリスト:
神尾直志(小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 世話人)
北爪三記(東京新聞記者)
友岡一郎(公職研・月刊『地方自治職員研修』編集長、小平市自治基本条例市民の集い メンバー)
永添景子(どんぐりの会)
コーディネーター:國分功一郎(高崎経済大学経済学部准教授)

懇親会:17:45~19:30

シンポジウム(14:00 ~ 17:25)は保育有り。保育申込(20日までに):電話・FAX042-207-1236(高橋) 保育料500円

主催:小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 jumintohyo@gmail.com 090-8341-9170

小平市住民投票一周年ーまちづくりは市民参加で

20140621symposium_poster

小平住民投票一周年ーまちづくりは市民参加で

小平市住民投票一周年を記念して、シンポジウムを開催します。市内の方も市外の方もぜひいらしてください。

第一部では、先日結審した小平住民投票情報公開訴訟について、投票用紙を開示する意義とはなにか、お話いただきます。中島弁護士の「住民投票制度の形骸化=住民自治の弱体化を許さないためのたたかい」という言葉が印象に残っています。

第二部は「住民投票で何がどう変わったか」國分功一郎さんをコーディネーターに、地元で運動に関わったメンバーの他、市民であり地方自治職員向け雑誌編集長である友岡一郎さん、東京新聞記者の北爪三記さんにお話いただきます。

_______________________________________________

日時:2014年6月21日(土)
シンポジウム:14:00~17:25(開場:13:30) 懇親会:17:45~19:30

会場:小平市福祉会館 第一集会室
参加費: シンポジウムのみ 300円 懇親会のみ 700円(学生:500円) シンポジウム+懇親会 1,000円(学生:800円)

シンポジウム
第1部:「住民投票の投票用紙開示の意義」14:00~15:20
パネリスト:中島敏(弁護士)、三宅弘(弁護士)
コーディネーター:武田真一郎(成蹊大学法科大学院教授)

第2部:「住民投票で何がどう変わったか」15:30~17:25
パネリスト:
神尾直志(小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 世話人)
北爪三記(東京新聞記者)
友岡一郎(公職研・月刊『地方自治職員研修』編集長、小平市自治基本条例市民の集い メンバー)
永添景子(どんぐりの会)
コーディネーター:國分功一郎(高崎経済大学経済学部准教授)

懇親会:17:45~19:30

シンポジウム(14:00 ~ 17:25)は保育有り。保育申込(20日までに):電話・FAX042-207-1236(高橋) 保育料500円

主催:小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会 jumintohyo@gmail.com 090-8341-9170