小平市は訴訟期間中は投票用紙を廃棄しないことを約束

提訴に伴い、小平市が訴訟期間中は投票用紙を廃棄しないことを約束

8月8日(木)、小平都市計画道路に住民の意思を反映させる会の共同代表4名は、住民投票で投票された51,010人分の投票用紙の情報公開請求の非公開決定の取り消しと、文書の公開を求める行政訴訟を提起しました。

住民投票の投票率は50%に満たない35.17%だったため、非成立とされ、小平市は投票用紙の開票を行わず、保管しています。小平市は、住民投票条例が失効する投票日の翌日から90日め(8月24日)までは投票用紙を保管するが、その後は「適切に処理する」との方針で、廃棄されることが危ぶまれていました。

そこで、私たちはまず、投票用紙の廃棄禁止を求める仮処分申し立てを8月5日に東京地裁に行いました。裁判所は、投票用紙の公開を求める訴訟が提起されることを前提に、小平市に、訴訟期間中は請求対象である投票用紙を廃棄しないと約束することを勧告しました。小平市は、それを受け入れ、訴訟の結果が確定し、公開すべきとの判決が出た場合には公開が終わるまで、廃棄しないことを8月8日に約束しました。

訴訟が終結するまで投票用紙は廃棄しない、と小平市が約束してくれたことは、大きな成果です。ボランティアで支援してくださっている弁護士および大学の先生方には心から感謝します。

開票および投票結果の公開を求める活動はこれからが本番です。9月市議会に提出する開票を求める請願、および公開を求める訴訟という2つの側面から、市民51,010人が小平3・2・8号府中所沢線に対して示した意思を明らかにすることを求めていきます。請願への署名、その他の形でのご支援をよろしくお願いいたします。

20130809東京新聞

                               20130809東京新聞社会面

広告

掲載3紙

今朝の朝刊で、小平市での住民投票の動きについて、3紙で記事が掲載されました。

20121219mainichi2(毎日新聞2012年12月19日朝刊)

20121219asahi(朝日新聞2012年12月19日朝刊)

20121219yomiuri3(読売新聞2012年12月19日朝刊)

小平市内に5万部配布予定!

今週末から、市内に5万部配布予定のチラシです。玉川上水を36メートル幅で横切る道路のこと、住民投票のこと、まとめました。ぜひ、お読み下さい。

(ダウンロードできるようにしましたが、実際のチラシとは解像度や色が異なります。ご了承ください。)

署名期間を変更しました。ぜひ受任者登録を!

東京都知事選が急遽決まったため、知事選投票日の12月16日まで署名集めができなくなり、また、小平市の3月議会に間に合わせたいことなどから、当初の予定を変更して、署名期間を12月17日から1月11日することになりました。

年末年始を含む、大変厳しい日程ですが、ご協力どうぞよろしくお願いいたします。短期間で多くの署名を集めるため、受任者の数をできるかぎり増やしたいと思っています。まわりの方へのお声かけをお願いいたします。

衆議院解散・総選挙が発生した場合には、変更や中止の可能性もありますが、ひとまず、できるかぎりのことをしたいと思っています。

請求代表者と受任者を合わせて、現在120名を超えたところです。12月16日までに、受任者を500名集めたいと目標を立てています。受任者集めに、ぜひご協力ください!(受任者登録についてはこちらのページへ)

署名が集まっても、市議会で否決されると住民投票は実現しません。市議会各会派に面談を申込み、粘り強く訴えていきます。身近な市議会議員の方々に、ぜひ住民投票の意義についてお話しください。どうぞよろしくお願いいたします。