12月25日の東京新聞朝刊

25日(水)の東京新聞の「東京NEWS2013」第三回に小平市の住民投票の記事が出ています。写真は投票日前日、グリーンロード1周ウォーキングアピールの後に林で行われた中沢新一さんと國分功一郎さんの森の座談会の様子です。

東京新聞は、住民投票後、51,010人という数字を何度も記事に書いてくれています。投票によって意思を示した一人一人の存在が感じられます。

20131225tokyo

広告

最近の記事

投票日後も報道が続いています。
日記の部分でご紹介しそびれていますが、上の黒いバーの「テレビ、ラジオ、新聞等」のところで、日付ごとに記事等をアップしています。ぜひご覧ください。

このところの記事で、3本をご紹介しておきます。

「賛否の二元論を超えて」というタイトルの朝日新聞社説。

20130528_朝日朝刊社説

20130528_朝日朝刊社説

「投票には3000万円の費用がかかった。それなのに投票に赴いた5万人を超す市民の声を確認すらしないのはやはりおかしい」日本経済新聞社説

20130529_日経朝刊社説

20130529_日経朝刊社説

「住民参加の行政を目指す市長が、50%という合格ラインを自ら設けたのなら、それをクリアするのは市長の政治責任では」と、いう投書を紹介した東京新聞2013年5月30日朝刊 「応答室だより」

20130530東京新聞朝刊「応答室だより」

20130530東京新聞朝刊「応答室だより」