12月15日(月)、控訴審の第一回口頭弁論です!

12月15日(月)に、住民投票情報公開裁判控訴審の第一回口頭弁論が行われます。ぜひ傍聴にいらしてください。よろしくお願いいたします。

日時:12月15日(月)15:00~
場所:東京高等裁判所(地裁と同じ建物)817号法廷

この第一回口頭弁論では、三宅弁護士が意見陳述をするほか、反映させる会共同代表の水口和恵も原告として意見陳述をすることになりました。

学習院大学名誉教授の戸松秀典先生が地裁判決についての鑑定意見書を書いてくださり、公証人の北野俊光先生が、投票用紙が開示された際の票の集計について事実実験公正証書を作成するという見解書を書いてくださっています。この内容は、第一回口頭弁論の後に公開します。

【資料】
控訴理由書(A4で53ページ)

第2回口頭弁論傍聴報告

第2回口頭弁論傍聴報告

丹治 日子太

投票用紙の不開示決定取消訴訟の第2回口頭弁論が12月16日に行われ、原告被告双方の準備書面の内容が確認されました。原告の主張に対する被告の反論の内容を確認するものです。

住民投票条例は公開を禁止していないという私たちの主張に対し、
①公開は開票と同じ(票数を数え、マスコミ等へ公表する→都への通知義務がないから意味が違いますよね?)だから公開も許されない、開票しないことは条例の審議過程で確認(そこまで確認されていませんよね?)されている、という市側の主張と、

②たとえ○×式でも余計なことを書いた人もいるから、誰が書いたか特定される可能性がある(そんなのわかるわけないし、その部分だけ黒塗りして公開すればいいだけですよね?)ので公開は投票の秘密に反するという市側の追加の主張が確認されました。

次回はこれを受けて私たちが反論し、市側がそれにさらに反論することになります。

第3回口頭弁論
日時:2月10日(月)16:00~
場所:地裁522号法廷(霞ヶ関)
次回で結審するかどうかも含めて内容未定

ぜひ傍聴におでかけください。

締切を過ぎても署名が届いています

請願書名の締切を過ぎても、多くの署名が事務所に届いています。総務委員会で不採択となった請願が、26日の本会議で採択される可能性はほとんど考えられませんが、お送りいただいた署名は本会議までに議会事務局に届けます。

以下に9月11日の東京新聞の記事を掲載します。その他の記事はこちらにまとめています。お読みください。(※朝日新聞の記事はまだアップできていません。画像はクリックすると拡大します)

9月11日 東京新聞 多摩版

9月11日 東京新聞 多摩版

市議会総務委員会での請願審査

小平市内外、1万3千390人のみなさまの署名をいただき、小平市議会に提出した小平市の住民投票の開票と開票結果の公表を求める請願についての報告をします。

請願者数は議会事務局による審査を経て、「水口和恵ほか13,056名」となりました。請願の紹介議員は、日向美砂子氏(小平・生活者ネットワーク)と橋本久雄氏(無所属・会派:虹とひかり)で、筆頭紹介議員は日向氏でした。

9月10日(火)、市議会総務委員会において、請願についての審議が行われました。冒頭で共同代表の水口和恵が請願の趣旨説明を行いました。小平市議会で請願者本人が趣旨説明をするのは新しい制度の導入によるもので、小平では初めてのことでした。

委員会では、請願者の趣旨説明と質疑、筆頭紹介議員の説明と質疑、請願を受けた市の説明と質疑が行われました。質疑では住民投票の開票について、各会派の考えが示され、資料の提出が行われての論議が行われました。しかし午前9時から説明を含めて3時間ほどの時間では、十分な審議が行われたとはいえません。継続審議が提案され、私たちも継続審査を望みましたが、継続審議に賛成したのは生活者ネットワークと公明党の委員で、多数決によりその場での採決が決定され、午前中のうちに採決となりました。

多数決での採決の結果は、不採択となりました。総務委員会委員のうち、委員長を除く6名の賛否は、以下の通りでした。

賛成:平野委員(小平・生活者ネットワーク)

反対:常松委員(社民党)、佐藤委員(日本共産党)、佐野委員(無所属・会派:政和会(自民党系))、宮寺委員(無所属・会派:政和会(自民党系))、幸田委員(公明党)

(※虹とひかりとみんなの党は所属委員なし)。

この結果を受け、市議会では9月26日の本会議で、請願についての採択が行われます。市議会の運営の仕組みから考えますと、残念ながら総務委員会での決定が覆されることはありません。

1万3千人の願いが込められた請願を、十分な審議も行わないまま、委員会で簡単に否決してしまった市議会の在り方には、疑問と落胆を感じます。市民の声を真剣に受け止め、市民の意見を市政に反映するよう努めるという、議会本来のあるべき姿からはかけ離れているのではないでしょうか。

 本会議後に改めてご報告をいたしますが、まずは水口が行った請願の趣旨説明を掲載します。ぜひ、お読みください。

_________________________

水口 和恵 請願趣旨説明                    2013.9.10

請願の趣旨説明の機会を与えていただき、ありがとうございます。

5月26日に行われた住民投票は、小平都市計画道路3・2・8号線計画を見直すべきか否か、市民の意向を確認することを目的としていました。住民の意向を反映しないまま事業を進める東京都に対して、住民の意思を明らかにし、計画に反映してほしい、というのが私たちの思いでした。

この思いに市議会が応えてくださり、都内初の住民投票が小平で行われたのは、画期的なことでした。どこにもある身近な都市計画道路についての住民投票は初めてで、全国的にも大きな注目を集めました。

住民投票の実施は、市政やまちづくりに対する市民の参加意欲を高め、自治の意識を呼び覚ましました。51,010人が投票に参加し、3・2・8号線計画を見直すべきかについて、意思を示しました。

市内有権者の3分の1以上、35%の人が参加したこの住民投票の結果を明らかにし、市民の意向を公にすることが、市政への信頼感を増し、関心を高めることにつながるはずです。

地方自治とは、憲法に定められた基本的人権を日常生活の場で実現することであり、個別性をもつ地域住民の願いに応えていくのが自治体の責務だと思います。小平3・2・8号線の建設という地域にとっての大きな課題に、5万人を超える有権者がどのような意思を示したのか、それを明らかにすることが、自治と市民参加の第一歩となります。

住民投票条例の改正を決めた4月の臨時市議会では、多数の議員の皆さんから、投票結果の尊重と情報公開の観点から開票を行うのが賢明である、費用対効果の面から開票はすべき、開票することで市長が進める情報公開も市民参加も前進する、といったご意見が出されました。

住民投票が不成立で、小平市として信頼性のある投票結果を都に伝えることができなかったとしても、3,000万円もの税金を使って行われた住民投票の結果は、市民にとって大切な財産であり、その中味を知るのは、市民の当然の権利ではないでしょうか。この行く末には、全国の人が注目しています。

今回、私たちは、請願への賛同署名を7月20日からの約1か月半で13,390筆集めることができました。出勤前の早朝や夜間の帰宅時など、毎日駅頭や大型店前などで集めました。街頭で署名を集めていると、「投票に行ったのだから、せめて開票はしてほしい」、「どうなったんだろうと思っていた」といった声が多く聞かれました。

地方自治体の運営は、住民の意思に基づいて決定し、実行するのが、住民自治の原則です。昨年の市議会で副市長は、小平3・2・8号線計画について、小平市民は、概ね妥当であると考えていると思う、と答弁されました。本当にそうなのでしょうか。住民投票は、そんな市民の意向を知るために行ったもので、それは開票してみないとわかりません。

例え一人の市民の意見でも、真剣に耳を傾けるのが、本来、市政のあるべき姿だと思います。ましてや、51,010人もの市民の声に耳を傾け、市民参加によるまちづくりを進めてほしいと思います。

市議の皆さまには、市民の福祉と民主主義、あるべき市政の実現のため、十分に議論していただきますよう、心よりお願い申し上げます。

9/10(火)は小平市役所へ!

9月10日(火)午前9時から市議会総務委員会で開票を求める請願の審査が始まります。反映させる会共同代表の水口和恵も冒頭で趣旨説明します。ぜひ、傍聴にお出かけください。そして、昼休み12〜13時には市役所前沈黙アピールへ!この日は小平市役所へ集まりましょう! 
_______________________

【総務委員会をぜひ傍聴してください!】
小平市議会に住民投票の開票を求める請願は、総務委員会に付託されました。開票を求める署名は全国各地から集まり、1万3千筆を超えました。ただ、この請願については決して楽観できない状況です。ぜひ傍聴へお出かけ下さい。関心の高さを示し、総務委員会の議論を注視したいと思います。

請願が審議される総務委員会
9月10日(火)朝9時〜市役所7階(おそらく第1委員会室)
共同代表水口和恵が最初に5分間趣旨説明をした後、各委員(市議)からの質疑があり(1人2分)、その後、請願について審議されます。

〈総務委員会の委員〉
立花隆一(委員長・公明党)
堀浩治(副委員長・自由民主党)
佐藤充(日本共産党)
常松大介(社会民主党)
平野ひろみ(小平・生活者ネットワーク)
宮寺賢一(無所属 自民党系)
幸田昌之(公明党)

【沈黙アピールにもご参加を!】
毎週月曜日に小平市役所前で行っている沈黙アピールも、10日(火)の昼休み12〜13時に行うことにしました。今回はできるだけ多くの人の参加をめざしています。お誘い合わせて、ぜひご参加ください!(※この週は開催曜日を月→火に変更します)
20130716_124542

上の写真のような一人1文字プラカードも用意していますが、ぜひ、開票を求めるプラカードなど、思い思いのやり方でアピールしてください。こちらでもポスターを用意しております。

  • A4サイズのポスターはこちらからダウンロードできます。http://t.co/metyYG9Zia
  • A3サイズのポスターをセブンイレブンのコピー機でプリントアウトできます(ネットプリント)。コピー機でネットプリントを選択し、暗証番号を入力してダウンロードしてください。横長のポスター:08094155(暗証番号)縦長のポスター:31473654(暗証番号)(※いずれも9/13まで。料金100円)

kaihyo_posterkaihyo_poster_tate