[報告]小平市住民投票情報公開訴訟の第四回口頭弁論

2014年4月21日(月)11:30〜東京地裁(霞ヶ関)522法廷にて、投票用紙の情報公開開示請求訴訟の第四回口頭弁論がありました。小平市側の、もう一回、反論の機会を設けてほしい、という意向で開かれたものです。

市側が反論の内容を書いた準備書面を提出し、私たちがそれに対するさらなる反論を書いた準備書面を提出して行いました。

市側の反論は、基本的には今までと同じです。
(1)住民投票条例の目的は、住民の意向を確認することにある(1条)から、公開が要請されているという私たちの主張に対して、「不成立にしたいというボイコットも含めて住民の意思であるから、不成立となった35パーセントの一部の住民の意思に過ぎないから、公開しても住民の意向を確認することにならない」と反論してきました。

(2)不成立=不開票は、他市の例でも当然ではない、という私たちの主張に対して、「一自治体の判断に過ぎない」と反論してきました。

(3)不成立=不開示でないことは、副市長も発言している、という私たちの主張に対して、「副市長は、最終的に不開票にし、データとしても利用しないと明言した」と反論してきました。

私たちは、次のようにさらなる反論をしました。
(1)35パーセントが一部の住民の意思に過ぎないなら、市長選の投票率37パーセントはどう考えるのか。責任を持って投票を執行すべき市が、ボイコットも住民の意思であるなどと、言ってはならないことである。

(2)単なる一自治体の判断ではない(数市の例をあげて証明)。これだけの例があることは、普遍的な事実である。不成立=不開票は当然ではない。

(3)副市長は、確かに不開票にするといっているが、開示できないとはいっていないのであり、他の場面では、明確に、開示できると発言している。

当日は、私たちの弁護士である三宅先生が、全体を総括して意見を陳述しました。

私たちも市側も主張は尽きましたが、三人の裁判官(合議体といいます)のうち一人が人事異動で交代したことを理由に、裁判所の方が、もう一期日口頭弁論を開きたいと提案しました。裁判所側からの確認のみとなる予定です。

次回第五回口頭弁論は、6月2日(月)11:30〜東京地裁(霞ヶ関)522法廷です。これが最後の口頭弁論になるでしょう。

第4回口頭弁論の傍聴へ!

4月21日に、小平住民投票情報公開訴訟の第4回口頭弁論が開かれます。ぜひ、傍聴にお出かけください!

第4回口頭弁論
4月21日(月)午前11:30〜
東京地裁(霞ヶ関)522号法廷
※コダイラー通信とブログで第4回口頭弁論の開始時間の記載に誤りがありました。お詫びして、訂正いたします。

この裁判のこれまでの経過については、コダイラー通信NO.2に報告があります。ぜひお読みください。

コダイラー通信2号訂正p1